申請時期ビザ免除プログラム(VWP)で渡米される予定がある方は、航空券の予約時にESTAを申請するか、少なくとも渡米日の72時間以上前にESTAの申請をすることを強くお勧めします。出発日当日にESTAを申請する場合は、搭乗前に渡航認証を取得できないリスクが生じます。また、承認されたESTAをお持ちでない海外旅行者は、搭乗を拒否されますのでご注意ください。申請料金2010年9月8日より、全てのビザ免除プログラム(VWP)渡航者は、ESTA申請時に14ドルの申請料金を支払わなければなりません。申請料金はESTA申請サイトを通してクレジットカードで支払うことができます。注: 第三者が無許可で情報提供料や申請手数料を要求する模倣ウェブサイトにご注意ください。これらのビジネスやウェブサイトは米国政府とは一切関係ありません。

国務省は、米国を守るため、ビザ手続きを厳正かつ公正に行います。周知のとおり、米国は基本的に開かれた社会であることを目指しており、米国への旅行を歓迎、奨励します。 私たちは、ビザ申請者に次のことを約束します。 ビザが許可できない場合でも、敬意を持って対応します。 申請者を個人として、かつ個々の申請をそれぞれ独自ケースとして対応します。 申請者にとってこれが初めてのビザ面接である可能性があること、不安で緊張している可能性があることを理解しています。 限られた面接時間を有効に使い、渡航計画や目的について、できる限り理解するよう努めます。 全ての申請者が、商用、就学、その他の重要な任務のために遅れることなく渡航できるよう、面接予約に際し、可能な限りのあらゆる方法を用いて公平に申請者に対応します。 全ての大使館・領事館のウェブサイトに、ビザ要件および申請手続きに関する詳細かつ正確な情報を掲載します。 全ての大使館・領事館での非移民ビザの面接待ち時間を、http://travel.state.gov に掲載します。 ビザ不許可の理由を説明します。
F-1 ビザ保有者は、卒業に必要な課程(論文等は含まない)完了後、もしくはすべての必須課程終了後に最長12カ月間のオプショナルプラクティカル・トレーニングに参加することが可能です。OPTは学生の学業とは別個のものであり、OPTの期間は通常は学生の学業プログラムや学業の修了日には反映されません。OPTのためにFビザを申請する学生は、既に日付が過ぎている場合でも、当初の学業の修了日が記載されたI-20をご提出いただけます。 ただし、これらのI-20には、通常の課程修了後にOPTプログラムを承認することを示す認定校による注記されていなければなりません。また、学生はUSCISがプラクティカル・トレーニングプログラムを許可したこと、もしくは申請中であることをの証明として、許可されたEmployment Authorization Card(EADカード) 、またはOPTプログラム申請中であることを示すI-797 フォームが必要となります。 

有効期限ESTAは通常一度認証されると2年間有効で、米国への複数回の渡航が可能です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますのでご注意ください。また、渡航者がパスポートを新規に取得したり、名前・性別・国籍のいずれかを変更した場合や、前回ESTAを申請した際の適格性質問(はい、いいえ)の回答に変更が生じた場合も再申請が必要です。パスポートの有効期間米国への渡航者は、通常、滞在期間+6ヶ月間有効なパスポートを所持していなければなりません。しかし、国別協定(Six-Month Club)で定められている「6ヶ月ルール」が免除される国の国民にこれは該当しません。日本は国別協定で定められている「6ヶ月ルール」が免除される国の一つです。よって、日本国籍の方のパスポートは、米国入国日から日本に帰国するまでの間、有効である必要があります。ESTAに関するお問い合わせESTA申請後の状況確認や、ESTA拒否の詳細については、大使館・領事館ではお答えできません。ESTAに関する一般的な質問は、米国国土安全保障省(DHS)、税関国境取締局(CBP)ウェブサイト をご参照ください。また、24時間対応のTravel Communications Center(1-202-325-5120)までお電話でお問合せ頂くか、CBP Info Centerのオンラインフォームにてお問合せ頂けます。ESTA申請に関する注意事項:
F-1 ビザ保有者は、卒業に必要な課程(論文等は含まない)完了後、もしくはすべての必須課程終了後に最長12カ月間のオプショナルプラクティカル・トレーニングに参加することが可能です。OPTは学生の学業とは別個のものであり、OPTの期間は通常は学生の学業プログラムや学業の修了日には反映されません。OPTのためにFビザを申請する学生は、既に日付が過ぎている場合でも、当初の学業の修了日が記載されたI-20をご提出いただけます。 ただし、これらのI-20には、通常の課程修了後にOPTプログラムを承認することを示す認定校による注記されていなければなりません。また、学生はUSCISがプラクティカル・トレーニングプログラムを許可したこと、もしくは申請中であることをの証明として、許可されたEmployment Authorization Card(EADカード) 、またはOPTプログラム申請中であることを示すI-797 フォームが必要となります。

F-1 ビザ保有者は、卒業に必要な課程(論文等は含まない)完了後、もしくはすべての必須課程終了後に最長12カ月間のオプショナルプラクティカル・トレーニングに参加することが可能です。OPTは学生の学業とは別個のものであり、OPTの期間は通常は学生の学業プログラムや学業の修了日には反映されません。OPTのためにFビザを申請する学生は、既に日付が過ぎている場合でも、当初の学業の修了日が記載されたI-20をご提出いただけます。 ただし、これらのI-20には、通常の課程修了後にOPTプログラムを承認することを示す認定校による注記されていなければなりません。また、学生はUSCISがプラクティカル・トレーニングプログラムを許可したこと、もしくは申請中であることをの証明として、許可されたEmployment Authorization Card(EADカード) 、またはOPTプログラム申請中であることを示すI-797 フォームが必要となります。
有効期限ESTAは通常一度認証されると2年間有効で、米国への複数回の渡航が可能です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますのでご注意ください。また、渡航者がパスポートを新規に取得したり、名前・性別・国籍のいずれかを変更した場合や、前回ESTAを申請した際の適格性質問(はい、いいえ)の回答に変更が生じた場合も再申請が必要です。パスポートの有効期間米国への渡航者は、通常、滞在期間+6ヶ月間有効なパスポートを所持していなければなりません。しかし、国別協定(Six-Month Club)で定められている「6ヶ月ルール」が免除される国の国民にこれは該当しません。日本は国別協定で定められている「6ヶ月ルール」が免除される国の一つです。よって、日本国籍の方のパスポートは、米国入国日から日本に帰国するまでの間、有効である必要があります。ESTAに関するお問い合わせESTA申請後の状況確認や、ESTA拒否の詳細については、大使館・領事館ではお答えできません。ESTAに関する一般的な質問は、米国国土安全保障省(DHS)、税関国境取締局(CBP)ウェブサイト をご参照ください。また、24時間対応のTravel Communications Center(1-202-325-5120)までお電話でお問合せ頂くか、CBP Info Centerのオンラインフォームにてお問合せ頂けます。ESTA申請に関する注意事項:
F-1 ビザ保有者は、卒業に必要な課程(論文等は含まない)完了後、もしくはすべての必須課程終了後に最長12カ月間のオプショナルプラクティカル・トレーニングに参加することが可能です。OPTは学生の学業とは別個のものであり、OPTの期間は通常は学生の学業プログラムや学業の修了日には反映されません。OPTのためにFビザを申請する学生は、既に日付が過ぎている場合でも、当初の学業の修了日が記載されたI-20をご提出いただけます。 ただし、これらのI-20には、通常の課程修了後にOPTプログラムを承認することを示す認定校による注記されていなければなりません。また、学生はUSCISがプラクティカル・トレーニングプログラムを許可したこと、もしくは申請中であることをの証明として、許可されたEmployment Authorization Card(EADカード) 、またはOPTプログラム申請中であることを示すI-797 フォームが必要となります。
申請時期ビザ免除プログラム(VWP)で渡米される予定がある方は、航空券の予約時にESTAを申請するか、少なくとも渡米日の72時間以上前にESTAの申請をすることを強くお勧めします。出発日当日にESTAを申請する場合は、搭乗前に渡航認証を取得できないリスクが生じます。また、承認されたESTAをお持ちでない海外旅行者は、搭乗を拒否されますのでご注意ください。申請料金2010年9月8日より、全てのビザ免除プログラム(VWP)渡航者は、ESTA申請時に14ドルの申請料金を支払わなければなりません。申請料金はESTA申請サイトを通してクレジットカードで支払うことができます。注: 第三者が無許可で情報提供料や申請手数料を要求する模倣ウェブサイトにご注意ください。これらのビジネスやウェブサイトは米国政府とは一切関係ありません。

申請時期ビザ免除プログラム(VWP)で渡米される予定がある方は、航空券の予約時にESTAを申請するか、少なくとも渡米日の72時間以上前にESTAの申請をすることを強くお勧めします。出発日当日にESTAを申請する場合は、搭乗前に渡航認証を取得できないリスクが生じます。また、承認されたESTAをお持ちでない海外旅行者は、搭乗を拒否されますのでご注意ください。申請料金2010年9月8日より、全てのビザ免除プログラム(VWP)渡航者は、ESTA申請時に14ドルの申請料金を支払わなければなりません。申請料金はESTA申請サイトを通してクレジットカードで支払うことができます。注: 第三者が無許可で情報提供料や申請手数料を要求する模倣ウェブサイトにご注意ください。これらのビジネスやウェブサイトは米国政府とは一切関係ありません。
有効期限ESTAは通常一度認証されると2年間有効で、米国への複数回の渡航が可能です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますのでご注意ください。また、渡航者がパスポートを新規に取得したり、名前・性別・国籍のいずれかを変更した場合や、前回ESTAを申請した際の適格性質問(はい、いいえ)の回答に変更が生じた場合も再申請が必要です。パスポートの有効期間米国への渡航者は、通常、滞在期間+6ヶ月間有効なパスポートを所持していなければなりません。しかし、国別協定(Six-Month Club)で定められている「6ヶ月ルール」が免除される国の国民にこれは該当しません。日本は国別協定で定められている「6ヶ月ルール」が免除される国の一つです。よって、日本国籍の方のパスポートは、米国入国日から日本に帰国するまでの間、有効である必要があります。ESTAに関するお問い合わせESTA申請後の状況確認や、ESTA拒否の詳細については、大使館・領事館ではお答えできません。ESTAに関する一般的な質問は、米国国土安全保障省(DHS)、税関国境取締局(CBP)ウェブサイト をご参照ください。また、24時間対応のTravel Communications Center(1-202-325-5120)までお電話でお問合せ頂くか、CBP Info Centerのオンラインフォームにてお問合せ頂けます。ESTA申請に関する注意事項:
申請時期ビザ免除プログラム(VWP)で渡米される予定がある方は、航空券の予約時にESTAを申請するか、少なくとも渡米日の72時間以上前にESTAの申請をすることを強くお勧めします。出発日当日にESTAを申請する場合は、搭乗前に渡航認証を取得できないリスクが生じます。また、承認されたESTAをお持ちでない海外旅行者は、搭乗を拒否されますのでご注意ください。申請料金2010年9月8日より、全てのビザ免除プログラム(VWP)渡航者は、ESTA申請時に14ドルの申請料金を支払わなければなりません。申請料金はESTA申請サイトを通してクレジットカードで支払うことができます。注: 第三者が無許可で情報提供料や申請手数料を要求する模倣ウェブサイトにご注意ください。これらのビジネスやウェブサイトは米国政府とは一切関係ありません。 

国務省は、米国を守るため、ビザ手続きを厳正かつ公正に行います。周知のとおり、米国は基本的に開かれた社会であることを目指しており、米国への旅行を歓迎、奨励します。 私たちは、ビザ申請者に次のことを約束します。 ビザが許可できない場合でも、敬意を持って対応します。 申請者を個人として、かつ個々の申請をそれぞれ独自ケースとして対応します。 申請者にとってこれが初めてのビザ面接である可能性があること、不安で緊張している可能性があることを理解しています。 限られた面接時間を有効に使い、渡航計画や目的について、できる限り理解するよう努めます。 全ての申請者が、商用、就学、その他の重要な任務のために遅れることなく渡航できるよう、面接予約に際し、可能な限りのあらゆる方法を用いて公平に申請者に対応します。 全ての大使館・領事館のウェブサイトに、ビザ要件および申請手続きに関する詳細かつ正確な情報を掲載します。 全ての大使館・領事館での非移民ビザの面接待ち時間を、http://travel.state.gov に掲載します。 ビザ不許可の理由を説明します。
申請時期ビザ免除プログラム(VWP)で渡米される予定がある方は、航空券の予約時にESTAを申請するか、少なくとも渡米日の72時間以上前にESTAの申請をすることを強くお勧めします。出発日当日にESTAを申請する場合は、搭乗前に渡航認証を取得できないリスクが生じます。また、承認されたESTAをお持ちでない海外旅行者は、搭乗を拒否されますのでご注意ください。申請料金2010年9月8日より、全てのビザ免除プログラム(VWP)渡航者は、ESTA申請時に14ドルの申請料金を支払わなければなりません。申請料金はESTA申請サイトを通してクレジットカードで支払うことができます。注: 第三者が無許可で情報提供料や申請手数料を要求する模倣ウェブサイトにご注意ください。これらのビジネスやウェブサイトは米国政府とは一切関係ありません。 

有効期限ESTAは通常一度認証されると2年間有効で、米国への複数回の渡航が可能です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますのでご注意ください。また、渡航者がパスポートを新規に取得したり、名前・性別・国籍のいずれかを変更した場合や、前回ESTAを申請した際の適格性質問(はい、いいえ)の回答に変更が生じた場合も再申請が必要です。パスポートの有効期間米国への渡航者は、通常、滞在期間+6ヶ月間有効なパスポートを所持していなければなりません。しかし、国別協定(Six-Month Club)で定められている「6ヶ月ルール」が免除される国の国民にこれは該当しません。日本は国別協定で定められている「6ヶ月ルール」が免除される国の一つです。よって、日本国籍の方のパスポートは、米国入国日から日本に帰国するまでの間、有効である必要があります。ESTAに関するお問い合わせESTA申請後の状況確認や、ESTA拒否の詳細については、大使館・領事館ではお答えできません。ESTAに関する一般的な質問は、米国国土安全保障省(DHS)、税関国境取締局(CBP)ウェブサイト をご参照ください。また、24時間対応のTravel Communications Center(1-202-325-5120)までお電話でお問合せ頂くか、CBP Info Centerのオンラインフォームにてお問合せ頂けます。ESTA申請に関する注意事項:
F-1 ビザ保有者は、卒業に必要な課程(論文等は含まない)完了後、もしくはすべての必須課程終了後に最長12カ月間のオプショナルプラクティカル・トレーニングに参加することが可能です。OPTは学生の学業とは別個のものであり、OPTの期間は通常は学生の学業プログラムや学業の修了日には反映されません。OPTのためにFビザを申請する学生は、既に日付が過ぎている場合でも、当初の学業の修了日が記載されたI-20をご提出いただけます。 ただし、これらのI-20には、通常の課程修了後にOPTプログラムを承認することを示す認定校による注記されていなければなりません。また、学生はUSCISがプラクティカル・トレーニングプログラムを許可したこと、もしくは申請中であることをの証明として、許可されたEmployment Authorization Card(EADカード) 、またはOPTプログラム申請中であることを示すI-797 フォームが必要となります。
F-1 ビザ保有者は、卒業に必要な課程(論文等は含まない)完了後、もしくはすべての必須課程終了後に最長12カ月間のオプショナルプラクティカル・トレーニングに参加することが可能です。OPTは学生の学業とは別個のものであり、OPTの期間は通常は学生の学業プログラムや学業の修了日には反映されません。OPTのためにFビザを申請する学生は、既に日付が過ぎている場合でも、当初の学業の修了日が記載されたI-20をご提出いただけます。 ただし、これらのI-20には、通常の課程修了後にOPTプログラムを承認することを示す認定校による注記されていなければなりません。また、学生はUSCISがプラクティカル・トレーニングプログラムを許可したこと、もしくは申請中であることをの証明として、許可されたEmployment Authorization Card(EADカード) 、またはOPTプログラム申請中であることを示すI-797 フォームが必要となります。
有効期限ESTAは通常一度認証されると2年間有効で、米国への複数回の渡航が可能です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますのでご注意ください。また、渡航者がパスポートを新規に取得したり、名前・性別・国籍のいずれかを変更した場合や、前回ESTAを申請した際の適格性質問(はい、いいえ)の回答に変更が生じた場合も再申請が必要です。パスポートの有効期間米国への渡航者は、通常、滞在期間+6ヶ月間有効なパスポートを所持していなければなりません。しかし、国別協定(Six-Month Club)で定められている「6ヶ月ルール」が免除される国の国民にこれは該当しません。日本は国別協定で定められている「6ヶ月ルール」が免除される国の一つです。よって、日本国籍の方のパスポートは、米国入国日から日本に帰国するまでの間、有効である必要があります。ESTAに関するお問い合わせESTA申請後の状況確認や、ESTA拒否の詳細については、大使館・領事館ではお答えできません。ESTAに関する一般的な質問は、米国国土安全保障省(DHS)、税関国境取締局(CBP)ウェブサイト をご参照ください。また、24時間対応のTravel Communications Center(1-202-325-5120)までお電話でお問合せ頂くか、CBP Info Centerのオンラインフォームにてお問合せ頂けます。ESTA申請に関する注意事項:
国務省は、米国を守るため、ビザ手続きを厳正かつ公正に行います。周知のとおり、米国は基本的に開かれた社会であることを目指しており、米国への旅行を歓迎、奨励します。 私たちは、ビザ申請者に次のことを約束します。 ビザが許可できない場合でも、敬意を持って対応します。 申請者を個人として、かつ個々の申請をそれぞれ独自ケースとして対応します。 申請者にとってこれが初めてのビザ面接である可能性があること、不安で緊張している可能性があることを理解しています。 限られた面接時間を有効に使い、渡航計画や目的について、できる限り理解するよう努めます。 全ての申請者が、商用、就学、その他の重要な任務のために遅れることなく渡航できるよう、面接予約に際し、可能な限りのあらゆる方法を用いて公平に申請者に対応します。 全ての大使館・領事館のウェブサイトに、ビザ要件および申請手続きに関する詳細かつ正確な情報を掲載します。 全ての大使館・領事館での非移民ビザの面接待ち時間を、http://travel.state.gov に掲載します。 ビザ不許可の理由を説明します。
F-1 ビザ保有者は、卒業に必要な課程(論文等は含まない)完了後、もしくはすべての必須課程終了後に最長12カ月間のオプショナルプラクティカル・トレーニングに参加することが可能です。OPTは学生の学業とは別個のものであり、OPTの期間は通常は学生の学業プログラムや学業の修了日には反映されません。OPTのためにFビザを申請する学生は、既に日付が過ぎている場合でも、当初の学業の修了日が記載されたI-20をご提出いただけます。 ただし、これらのI-20には、通常の課程修了後にOPTプログラムを承認することを示す認定校による注記されていなければなりません。また、学生はUSCISがプラクティカル・トレーニングプログラムを許可したこと、もしくは申請中であることをの証明として、許可されたEmployment Authorization Card(EADカード) 、またはOPTプログラム申請中であることを示すI-797 フォームが必要となります。 

有効期限ESTAは通常一度認証されると2年間有効で、米国への複数回の渡航が可能です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますのでご注意ください。また、渡航者がパスポートを新規に取得したり、名前・性別・国籍のいずれかを変更した場合や、前回ESTAを申請した際の適格性質問(はい、いいえ)の回答に変更が生じた場合も再申請が必要です。パスポートの有効期間米国への渡航者は、通常、滞在期間+6ヶ月間有効なパスポートを所持していなければなりません。しかし、国別協定(Six-Month Club)で定められている「6ヶ月ルール」が免除される国の国民にこれは該当しません。日本は国別協定で定められている「6ヶ月ルール」が免除される国の一つです。よって、日本国籍の方のパスポートは、米国入国日から日本に帰国するまでの間、有効である必要があります。ESTAに関するお問い合わせESTA申請後の状況確認や、ESTA拒否の詳細については、大使館・領事館ではお答えできません。ESTAに関する一般的な質問は、米国国土安全保障省(DHS)、税関国境取締局(CBP)ウェブサイト をご参照ください。また、24時間対応のTravel Communications Center(1-202-325-5120)までお電話でお問合せ頂くか、CBP Info Centerのオンラインフォームにてお問合せ頂けます。ESTA申請に関する注意事項:
国務省は、米国を守るため、ビザ手続きを厳正かつ公正に行います。周知のとおり、米国は基本的に開かれた社会であることを目指しており、米国への旅行を歓迎、奨励します。 私たちは、ビザ申請者に次のことを約束します。 ビザが許可できない場合でも、敬意を持って対応します。 申請者を個人として、かつ個々の申請をそれぞれ独自ケースとして対応します。 申請者にとってこれが初めてのビザ面接である可能性があること、不安で緊張している可能性があることを理解しています。 限られた面接時間を有効に使い、渡航計画や目的について、できる限り理解するよう努めます。 全ての申請者が、商用、就学、その他の重要な任務のために遅れることなく渡航できるよう、面接予約に際し、可能な限りのあらゆる方法を用いて公平に申請者に対応します。 全ての大使館・領事館のウェブサイトに、ビザ要件および申請手続きに関する詳細かつ正確な情報を掲載します。 全ての大使館・領事館での非移民ビザの面接待ち時間を、http://travel.state.gov に掲載します。 ビザ不許可の理由を説明します。
×